第一印象で失敗した人が、イメージを払拭する効果的な2つの方法


スポンサーリンク

f:id:mixar:20191211060202p:plain

こんにちは。

第一印象でいつもやらかします…ミクサです。

 

今回は『第一印象で失敗した人が、イメージを払拭する効果的な2つの方法』についてです。

私も社会人1年目にして、第一印象でやらかしてしまい、職場での信用を得るのにかなりの時間を費やしました。

 

『仕事ができない』『任せられない』と思われ続けるのは、精神的にもしんどいので、できるだけ早くこの状況を抜け出したいものです。

 

そこで、心理学的に悪いイメージを払拭する、効果的な方法を今回、紹介したいと思います。

Contents

 

第一印象で失敗した人が、イメージを払拭する効果的な2つの方法

 

f:id:mixar:20191211205302p:plain

人の評価は第一印象で大半が決まる

私達は、常に他人から評価されています。交友でも、学校でも、職場でも…

その評価にもっとも影響するのが第一印象です。

 

相手に対する印象や評価は、複数の情報の中でも、会ってから最初に受けたイメージや情報が最も強く影響します。このことを初頭効果といいます。

 

しかも、この初頭効果によって与えた印象は、その人の評価を固定してしまうです!

 

だから、最初に良い印象を与えられないと、その後の人間関係に、長期的に深刻な影響をもたらしてしまいます。

 

初頭効果は、見た目・受け答え・能力・過去の経歴といったことが大きく影響します。

中でも、イケメンだとか、身長が高いといった外見から与える影響が強いです。

 

その証拠に、1900年以降のアメリカの大統領選では、21回中18回が身長の高い候補者に軍配が上がっています。(2019年現在)

身長が高いだけで、その人のことが優秀に見えてしまうんですね。

(私は身長165㎝なので関係無いですが・・・)

 

残念ながら、私はこの初頭効果でやらかしました。

(~_~;)

『暗い』『頼りにならない』『仕事ができない』こういった印象を最初に与えてしまい、一時はいじめの標的になりかけました。

 

まぁ…あのころは地獄でしたね…

 

なので、精神に影響が出る前に、できる限り早く、この状況を打開しなければなりません!

ここからは、イメージを変えるために私が実践したことを紹介します。

 

f:id:mixar:20191211210518p:plain

初頭効果を覆す方法はたった2つ

初頭効果で与えてしまった印象を覆すには、次の2つの原理を活用します。

単純接触効果ハロー効果です。

 

単純接触効果

一つ目が単純接触効果です。

私達は、そんなに好きでない人でも、何度も顔を合わせていると、その人のことが好きになる傾向があります。

 

単純接触効果については、以前別の記事でふれました。

 

www.mixa.biz

 単純接触効果を最大限に生かすため、私は『会社は極力休まない』『残業は積極的に取りに行く』『誘われた飲み会は断らず参加する』といったことを心掛けました。

 

また、熟知性の原理といって、私達は、対象のことを知れば知るほど、好感度が上がる傾向にあります。

 

自分のこと(趣味や家庭環境、過去の出来事など)をオープンに打ち明けると、単純接触効果と合わさり、周りと信頼関係を築くまでの時間を大幅に短縮することができますので、積極的に自分のことを話していくとベターです!

 

ハロー効果

そしてもう一つがハロー効果です。

 

ハロー効果は、相手が持っている部分的な良い面、悪い面に対する評価を、その人の全体的な評価にまで影響させてしまう傾向のことです。

 

これを利用すれば、最初に定着してしまったネガティブなイメージを、ポジティブなイメージへと書き換えることができます。

 

っで、具体的にどうすればいいのかですが、仕事だと、『みんなが苦手なものに全力で取り組み、そこで成果を出す』です。

 

この国では、同じ場所にとどまり続けたければ全力で走り続けなければなりません

ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』で、赤の女王がアリスに言った言葉です。

 

みんなが得意なことで周りに差をつけるのは大変ですが、ライバルが少ない分野でなら、そう難しいことではありません。

 

私の場合、PowerPointでプレゼン用の資料を作ることが得意でしたので、職場ではこれが評価されました。

 

PowerPointなんて誰でも使えるものですが…私の周りでは、なぜか皆が苦手で、やる気のある人はほとんどいなかったのです。

 

このブログのイラストや図形も、PowerPointで描いたものです。

 

www.mixa.biz

 

プレゼンで成果を出した=仕事ができる

ハロー効果により、私の評価が変わった瞬間でした。

 

当然ですが、PowerPointで資料が作れるからといって、他の仕事もできるなんてことはありません。

でも、周りの反応は明らかに変わりました

 

なので、多くのことは人並み以下で大丈夫です。

たった一つのことにひたすら取り組み、成果を出せば、周りの評価は変わるはずです。

的を絞って取り組んでみて下さい。

 

f:id:mixar:20191211211248p:plain

ハロー効果は仕事でなくても大丈夫です!

「でも自分の職場はみんな同じことやってるし…」

そんな職場もあると思います。

 

でも大丈夫です!

仕事とは関係のない特技でも、ハロー効果の恩恵を受けることができます。

 

例えば、『英語が喋れる人』には、どんなイメージを持ちますか?

外資系や大手勤めでもない限り、おそらく大半の人が「頭いいんだろうな…」とか「スゴイやつが来た!」といったイメージを持つと思います。

 

ここからなぜか?

英語が喋れる=頭がいい=仕事ができる

というイメージが出来上がります。

不思議ですが…これが人間です。

 

私なんて、最近一緒に仕事をすることになった人に、「僕は超アナログ派なんで、パソコンなんて全然使い方わからないんですよ」と話したら、

「ウソ!?パソコン得意だと思いよったわΣ(゚Д゚)」

という反応が返ってきました。

 

どうやら彼の中では、

パソコンで絵が描ける=パソコンが得意=頭がいい

 

なんと、ここまで歪められたイメージが定着していたのです!(※実際はパソコン苦手ですし、頭悪いです)

(´゚д゚`)

 

これがハロー効果の威力です!

 

ピアノが弾ける・プログラミングができる・絵が描ける・マッチョになる…

なんでもいいので、周りにできる人がいない特技を身に付けてみて下さい。

 

自分を変え、イメージが変われば、人生は変えられる! 

 

昔は、クソ怒られていたミスも、今は「そんなこともあるよね」といって、みんながカバーしてくれるようになりました。

 

スゴイぜ!ハロー効果!!

(。-`ω-)

 

次は株で成功して、さらにハロー効果を高めます!

10年後を目処に…(´・ω・`)

 

※今回紹介した原理が使えるのは一般的なレベルの集団だけです。

エリート集団の中ではたぶん、使えません。

ついていけないようなら、仕事を変えて下さい!!

('・ω・') 


社畜サラリーマンに幸あれ☆彡

f:id:mixar:20191211212140p:plain

まとめ

●人のイメージは、第一印象でほぼ決まり、そして定着する。

●人間は良いイメージよりも、悪いイメージの方が定着し易い。

●イメージを変えるには、時間を掛けることと、別のイメージで塗り替えることが必要。

●特技に対するイメージは、まったく関係のない分野へも波及する。

●みんながやっていることで存在感を示すのは難しい。ライバル不在分野を攻めよう。