断捨離、私が捨てて良かったもの3選


スポンサーリンク

f:id:mixar:20191006024114p:plain

こんにちは。

社会から断捨離されそうな社畜サラリーマンMIXA(ミクサ)です。

 

最近は「断捨離しよう」とか「ミニマリストになろう」みたいなフレーズをよく聞きますね。私は元から捨てるのことが好きな方なのですが…今回は、私がこれまで特に捨てて良かったものを3つ紹介したいと思います。

 

 

 Contents

 

私が捨てて良かった3つのもの

f:id:mixar:20191006024230p:plain

1.友達

皆さんには友達は何人くらいいるでしょうか?

私はもとから多い方ではなかったのですが、それでも10数人くらいはいたと思います。社会人になって始めの方はよく遊んだりしていましたが、現在は1人を除いて断捨離しました。

 

「友達は大切にした方がいい」とはよく言いますが、ぶっちゃけ、友達が多いからいい人生か?と言えばそうでもないですよね。

友達は減らした方がいい理由

私が思う友達を減らした方が良い理由は3つあります。

一つ目は、貴重な時間とお金を奪われるということです。

友達の誘いとか断らずに、休みの度に遊んでいたら、リアルに充実しているような錯覚を味わえるので、人生楽しんでる感は得られますが、時間が経つと、そのほとんどが記憶にも残ってない無駄な時間だったことに気付きました。

 

私がこうして遊んでいる間に、世界の誰かは孤独に頑張り、生きるための能力を身に付けていっています。

世の中成功している人は孤独に頑張っている人がほとんどです。たまには友達と遊ぶのもいいですが、バランスは大事ですね。

 

二つ目は、友達が自分の成長を妨げてしまっているということです。

人間、周りの環境で考え方は大きく変わります。自分より頑張っていない友達と過ごしていると、「このままでいいか」といった考えになってしまいます。

だいたい、頑張っている人はそんなに遊んだりしないので、自ずとそうなります。

堕落しきる前に、そんな友達とは縁を切りましょう。

 

三つ目は友達以外にも大切にするべき人がいるということです。

家族や仕事仲間といった人たちです。常日頃関わっている人の方が自分にとって重要な人の可能性が高いです。たまに、カラオケやボーリング、飲みに行くだけの友達よりも、優先すべきは毎日顔を合わす彼らの方ではないでしょうか?

 

私の実践した友達の減らし方

f:id:mixar:20191006025303p:plain

基本的には、断捨離したい友達からの誘いを何か理由を付けて断りまくったら勝手に相手から身を引いてくれるのですが…友達から嫌な奴とか思われるのは気が引けますよね。

そんな方には、私が実践したおすすめの良い方法があります。

 

それは、携帯番号を変えるという方法です。番号を変えて、LINEやSNSのアカウントも削除しておけば、連絡が入ることも無いです。

ばったりその友達に出くわした際も、「スマホ変えたらバグって全部データ消えてしまったんだ」なんて言っとくと、「そんなこともあるんだね」くらいに思ってくれますからおすすめです。

 

友達を減らすと、お金にも時間にも余裕が生まれるので、その分別の何かにチャレンジしたりもできます。LINEが届かない・SNSが気にならないというのも、ゆったりしていていいものですよ(^^)♪

 

2.情報

次に『情報』です。

情報で溢れ返っている現代では、たくさんの情報を調べることが美徳と考えられ勝ちですが、集める情報が多過ぎるとどうなるのか?面白い実験があります。

 

「5秒間、あなたの周りの“赤いもの”を探して、いくつあるか数えて下さい。」と言われると、私達は頑張ってに赤いもの見つけようとします。

そして、そのあと「黄色いものは何個ありましたか?」と聞かれると、黄色いものなんてまったく目に入っていなかったことに驚かされます。

これはカラーバス効果といって、この実験の“黄色いもの”のように、すでにそこに存在していたのに、私達の脳は勝手に、『重要な情報ではない』として、スルーしてしまっているんです。

人間の脳は「探そう」と思わない限り、それを認識しないように出来ています

 

では、私達が注目する情報が多過ぎるとどうなるのでしょうか?

赤いもの・黄色いもの・青いもの・緑色のもの・ピンク色のもの…注意が散漫になり、ほとんどのものをスルーしてしまいます。

 

人により必要な情報は様々です。私の場合、投資情報・車・イラスト・ブログ運営・心理学・脳科学・プリキュア…等を日頃から意識して探しています。

人間の脳が同時に認識できる物の数は8~16個と言われています。

なので、常にいろいろな情報を探し回るのではなく、探す情報は8個くらいに絞ることをおすすめします。

 

興味の無いどうでもいいことについて調べることで、本当に必要な情報がスルーされてしまっています。

どうでもいいSNS投稿やYouTube動画、ウインドウショッピング、テレビ番組…こういった情報をシャットアウトし、本当に必要な情報だけを集めるようにしてみて下さい。

その分野においての知識の積み上がるスピードの早さにきっと驚くと思いますよ。

 

3.娯楽

以前までの私の生活習慣はというと…

仕事から帰ると、まずソファーへ、ゴロゴロしながら録画したTV番組を見て、SNSをチェックして、お風呂に入り、ご飯を食べて、2~3時間ゲームして、缶チューハイ飲んで10時間寝る…こんな感じです。

 

「好きなことできて幸せだね」って言われそうですが…全然幸せを感じることは無かったです。

どうやら人間、よい人生を送る為には、『要求の要素』と『意義の要素』のバランスが必要なようです。

 

要求の要素は、私達が楽しいと感じる感情(例えば、お酒を飲む・ゲームをする・YouTubeで面白い動画を見る等…)であり、意義の要素はその瞬間意義を感じる私達の感情(例えば、仕事・家事・子育て・勉強・人助け等…)です。

 

日常に幸せや充実感を感じたいなら、この『要求』と『意義』を交互に繰り返すのが良いとされています。

 

現在の私は、テレビはプリキュアだけに、ゲームはバイオハザードだけに・SNSは退会、毎日のお酒も辞め、睡眠時間は6~7時間に削りました。

その分余った時間を、ブログを書く、イラストの練習、読書、家事、育児等に置き換えました。(私は、これらのことに意義を感じています。)

 

この効果は絶大で、リア充ではありませんが…かなり充実しているように感じます。

是非、皆さんも『要求』と『意義』のバランスを考えて生活してみて下さい。

間違っても、後悔はしないはずですよ(^^)☆

 

どうでしょうか?

友達も情報も娯楽も…度を過ぎると、よい人生からどんどんかけ離れてしまいます。

一度思い切って断捨離し、身軽になってから、新しい人間関係の構築や、新しい趣味や仕事にチャレンジしてみるのも、これからの人生を良くする方法だと思います。

検討を祈ります☆彡

f:id:mixar:20191006024508p:plain

まとめ

●友達は少数の『親友』と呼べる人だけに限定した方がいい。その分、新しい人間関係の構築や、本当に大切な人と過ごす時間を作ろう。

●探す情報が多すぎると、私達の脳はほとんど認識出来ず、スルーしてしまう。必要な情報だけを探すようにしよう。

●よい人生を送る為には、『要求の要素』と『意義の要素』のバランスが重要である。『楽しいこと』と『意義の有ること』を交互に繰り返すように心がけてみよう。

●両手が塞がっていては何も持てない。要らないものは置いていこう!